HOME

シェアオフィスはベンチャーのスタートアップに最適

複数人でオフィススペースを共用してビジネスを行うシェアオフィスはベンチャー企業の出発師として最適な選択肢です。資金力にとぼしいベンチャー企業にとって立ち上げ時のオフィスコストは重い負担になります。毎月の家賃負担に加え入居契約の一時費用や保険料、オフィス家具や備品の資金などを含めて考えるとスタートアップで最もコストがかかるのはオフィスに関する費用です。負担の大きいオフィス費用を削減できればビジネスにより資金を投入出来るだけでなり、不安定な立ち上げ時期を乗りきれる可能性も高まります。
シェアオフィスのメリットは経済的なものだけではありません。実績のないベンチャー企業は十分な資金があってもオフィス要テナントの契約を断られるケースがよくあります。信用にかけると判断されてしまえばいくら資金があってもオフィスを用意できず、入居可能なオフィスを探すだけで時間と労力をムダに費やしてしまうケースはよく見られます。
シェアオフィスにも利用資格審査はありますがテナントに入居するのに比べればずっと簡単な審査です。過去にシェアオフィス関連でトラブルなどを起こしていなければどなたでも利用が認められるので、オフィス探しに費やす時間と手間はずっと少なくなります。オフィス探しに悩んだらシェアオフィスを活用しましょう。

choices

シェアオフィスはベンチャーのスタートアップに最適

複数人でオフィススペースを共用してビジネスを行うシェアオフィスはベンチャー企業の出発師として最適な選択肢です。資金力にとぼしいベンチャー企業にとって立ち上げ時のオフィスコストは重い負担になります…

≫more

一等地のシェアオフィスなら住所だけで信用が高まる

シェアオフィスには費用が安い、利便性に優れる、備品やオフィス家具を自由に使えると言った実用的なメリットがたくさんあります。最近は会社の規模が拡大してもテナント入居にこだわらずシェアオフィスをビジ…

≫more

シェアオフィスを第二のオフィスとして活用する

シェアオフィスといえばオフィス費用を節約したいベンチャー企業や自宅以外にビジネスの本拠地を構えたい個人事業主向けのサービスというイメージが強いサービスです。実際にシェアオフィスの利用者を見てもベ…

≫more

シェアオフィスを地方拠点として活用する

企業にとって地方への進出は大仕事です。支社を設立して新たなマーケットを獲得に成功すればビジネスチャンスはさらに広がりますが、地方進出の大きなネックとなるのが支社の問題です。足がかりとなる支社を設…

≫more

what's new

2019年10月10日
シェアオフィスを地方拠点として活用するを更新しました。
2019年10月10日
シェアオフィスを第二のオフィスとして活用するを更新しました。
2019年10月10日
一等地のシェアオフィスなら住所だけで信用が高まるを更新しました。
2019年10月10日
シェアオフィスはベンチャーのスタートアップに最適を更新しました。